少数意見

追記

2017-04-24 ゴースト・イン・ザ・シェル [長年日記]

_ 攻殻機動隊の海外版実写。

_ スカーレット・ヨハンソンがとてもきれいで決まっていた。たけしだけが日本語をしゃべっていて変だった。

_ 情景はブレードランナーの世界のようで、海外SFの考える未来世界は東洋的だ。撮影は香港でも行ったようだ。


2017-04-05 キングコング 髑髏島の巨神 [長年日記]

_ キングコングの映画は、エンパイアステートビルに上ったのと、ワールドトレードセンターに上ったのの二作品を以前観たが、今回のコングは島を出なかった。続編があるようだ。

_ 面白かったのは、島に太平洋戦争の残留米兵がいたことだ。彼は、パラシュートで日本兵と同時に島に落下し、軍刀を持った日本兵に追いかけられて絶体絶命の状況でコングが現れた。詳細はわからないが、その後二人は親友になり、原住民たちと暮らしながら脱出を計画していた。やがて日本兵は死に、28年が過ぎたときに突然探検隊がやってきた。

_ 探検隊はベトナム戦争終結後帰国するはずだった米国兵に護衛されていた。残留米兵が、ところで戦争はどっちが勝ったのか?と聞いたら、ベトナム帰還兵は which war? と聞き返した。

_ ちなみに、UNITED STATES OF JAPAN という小説を読んだが、これは日本が勝ってアメリカをナチスドイツと分割統治している話だ。面白かった。


2017-04-03 映画「乱」4Kデジタル修復版 [長年日記]

_ たまたま夕刊紙でこの映画を恵比寿ガーデンシネマでやることを知って予約した。初日だったので映画の後にトークショーがあり野上さんと仲代さんが出るとのこと。

_ 久しぶりに観たが、昔よりいい映画だと思った。救いのない悲劇だが、今の世の中が黒澤の考えていて恐れていた世界に追いついたのかもしれない。

_ 野上・仲代対談は司会者が質問する形で行われた。司会者が野上さんに対して、「乗杉弁護士の書いたものを読んだのですが、「乱」の仕事は大変だったようですね」と聞いた。突然自分の名前が出てきてびっくりした。

_ 野上さんがあの文章を読んでいるか知らないが、読者が何人かはいるというのはうれしいことだ。


2017-03-29 パッセンジャー [長年日記]

_ 120年かけて移住先の惑星へ向かう宇宙船。5000人の乗客がいたが、そのうち一人が120年続くはずの眠りから90年早く目覚めてしまった。

_ 面白い設定で、途中まではよくできていたが、後半はおおあまのアメリカ的ラブロマンスでがっかりした。

_ 「2001年宇宙の旅」や「惑星ソラリス」のような神秘的な展開を期待していたのだが。


2017-03-07 サバイバルファミリー [長年日記]

_ 矢口史靖監督作品。

_ 予告編を観た限りではあまり惹かれなかったが面白かった。

_ 突然電気が使えなくなり、一家が生存をかけて自転車で東京から鹿児島まで旅する話。

_ 電気が使えなくなると我々が日常的に使っている機械がほとんど動かなくなる。二世紀前はそんな世界だったのだ。


2017-03-02 ラ・ラ・ランド [長年日記]

_ わがままな女優志願の女と売れないジャズピアニストのアメリカ的サクセスストーリー。最後が意外な展開だったが、お話はありきたりで退屈した。主人公、特に女優にはイライラして、イライラ・ランドという感じ。

_ なぜアカデミー作品賞にノミネートされたのかわからない。


2017-02-24 マグ二フィセント・セブン [長年日記]

_ 「荒野の七人」のリメイクで、従って「七人の侍」のリメイクでもある。

_ なかなかよくできていて、特に戦闘シーンは迫力があった。しかし、七人のサムライが村人のために集まってくる動機がはっきりとせず、なんとなく戦いが始まってしまうように感じる。この点は「七人の侍」ぐらいの長尺の映画でないと描けないのだろう。

_ この映画の製作は「ドキュメンタリー」に掲載している「「七人の侍」日米訴訟合戦」に書いた和解契約の条件に従っている。和解の結果リメイク権は分割され、西部劇は基本的にアメリカ側が製作権を持っている。


2017-02-02 ザ・コンサルタント [長年日記]

_ 原題は THE ACCOUNTANT。会計士が主人公で、作品の内容が会計士であることを必要としているのでコンサルタントはない。

_ 会計士は裏世界のクライアントを持ち、格闘技も銃器の扱いもすごい。しかし彼は高機能自閉症を患っている。

_ 子供の頃いじめられている彼に対して軍人の父親は、奴らは今はお前のことをおかしな奴と思っているだけだが、やがて異物を排除するようにお前を抹殺しようとする。その時お前は自分で自分の身を守らなければならない、と言った。

_ 父親は世界中の専門家の力を借りて息子を最強の戦士に育てる。

_ この考え方はよくわかる。

_ 私も子供のころから青年期にかけて、やがて他人がみな自分の敵になり自分を抹殺しにくるという恐怖を感じていた。

_ だから武術を身に着けようと思ったりしたが全く才能がなかった。銃にも興味をもって、エアーライフルを買って同好会に入って街の射撃場に行ったりした。でも韓国製の銃はすぐ壊れてしまって、警察にもっていって廃棄してもらった。

_ そんなわけでこの主人公には親近感と憧れを抱く。

_ 個人的な共感を別にこの映画は傑作だ。脚本がしっかりしていて多くの伏線に回答が用意されている。最後に意外な秘密が暴露される。


2017-01-07 ドント・ブリーズ [長年日記]

_ 変わったホラーだ。モンスターが盲目の老人なのだ。

_ 舞台は昔自動車産業で栄えたデトロイトの郊外のかつては高級住宅街だったと思われる廃屋が並ぶ一角の一軒家。そこにイラク戦争で負傷した退役軍人が住んでいる。

_ 登場人物はみな善良とは言えず、またそれなりに同情すべき事情もある。終わり方はすっきりとしない。続編を考えているのかもしれない。しかし、映画を観終わってからいろいろと考えさせることに成功しているので、あれでいいのだろう。続編を作っても納得のいく解決には至らないだろう。

_ 私は1975から76にかけてデトロイトに近いアンアーバーにあるミシガン大学で学んでいたが、あのころからデトロイトは危険だといわれていた。今のデトロイトは繁栄から見捨てられた廃墟になっているのだろうか。映画はそのように描いていたが。


2017-01-04 ゴッドファーザー [長年日記]

_ NHKのBSプレミアムで録画したゴッドファーザー3部作を一挙に観た。

_ シチリアから一人で移民として米国にやってきたヴィトー・コルレオーネはオリーブオイルの輸入から始めて暴力を使ってのし上がっていく。やがてゴッドファーザーと呼ばれるようになり、一族はニューヨークのイタリア人社会でにらみを利かすようになる。やがて二代目ゴッドファーザー、マイケルの時代になり、彼はNYでは飽き足らなくなりラスベガスでカジノを経営するようになる。

_ ここでこの一族は誰かと似ていると気づいた。そう、トランプ一族だ。トランプは父親がドイツからの移民でNYで不動産業を成功させる。二代目ドナルドは業務を拡大しラスベガスなどでカジノを経営するようになる。

_ イタリアのマフィアはファミリービジネスとのことで家族や親戚で要職は固められる。トランプも彼の事業の要職は親族が占めているようだ。

_ イタリアのマフィアは兄弟でも殺しあうことがあるが、普段は仲が良く、特に子供は溺愛する。

_ マイケルは敵のマフィアを殺したあと、身を隠すためにシチリアのコルレオーネ村に滞在する。彼はイタリア語も流ちょうに話す。彼が子供を大切に思うにのは一つにはほかに信じられるものがないからではないか。

_ 移民にとって移住先は仮の世界であって永続する保証はない。自分は異端であって常に排斥される可能性がある。そのとき頼りになるのは親や子供しかいない。

_ もしトランプもファミリービズネスの追求が主目的であり、究極に守るべきは自分の子供だとしたら、アメリカを再び偉大にするというのも彼の真意ではなく、ファミリービジネスに支障がない限りそうすると言っているにすぎないことになる。


2001|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2006|01|02|04|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|06|07|08|09|10|12|
2010|01|02|03|05|06|07|
2011|01|02|03|04|05|
2013|02|07|
2015|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|