少数意見

最新 追記

2009-08-18 意志の勝利 [長年日記]

_ 渋谷のシアターNのレイトで観た。

_ レニ・リーフェンシュタール監督作品で、1934年のナチ党の全国大会の記録映画。

_ 先ず、ヒトラーの映像や声をこれだけたくさん集めたものは今まで接したことがなかったので堪能した。間違いなく20世紀最高のスターだ。この映画自体彼のプロモーション映画のようだ。

_ 映画は70年を経ても迫力があり、鳥肌が立つ。CGの映像による群集場面はたくさん見たが、この映画の白黒で表されたアリのような群集にはどれもかなわない。

_ 映画以前に党大会の演出がすごい。隊列を作った無数のナチ党員によって地表に描かれる直線で構成された図形と、その上に聳え立つカギ十字のバナー。天に突き刺さるようなサーチライトの光の束。

_ ヒトラーが側近二人と二つの巨大な長方形の黒い人の塊に挟まれた真っ白な道を献花のためにゆっくりと歩く。それをカメラははるか上方から延々と映していく。豆粒のような三人の姿を、近づくことをせず、映し続ける。その真ん中がヒトラーなのだが、それまで多用したクローズアップを使わず、なにかヒトラーでさえも大きな歴史の流れの中では黒い点でしかないと言っているようだった。

_ 総じて言えば、とても危険で魅力的な作品だ。独裁者は権力が作るものではなく、民衆が作るものだということがわかる。その歓喜は麻薬的で、必ず繰り返される。


2009-08-31 任侠ヘルパー [長年日記]

_ 草薙剛(翼彦一)が組幹部登用試験のため介護施設に送られるというテレビドラマ。コメディーにしかならないような設定だが重厚な人間劇になっている。

_ ヤクザと介護施設には何も共通点が無いように思えるが、このドラマを見ているとヤクザと介護施設の老人は何れも明日が分からないという点で似ていることに気づく。

_ 介護施設には日常的に死があり、それを社会は見ないようにしている。それはヤクザが社会から疎外されている状況と似ている。

_ 草薙は、粗暴で暗く冷たい目を持った彦一を、いつものいい人キャラとは別人のようにリアルに演じている。そんな彦一も、老人たちに接しているうちに優しさを垣間見せるようになる。その変化が感動的だ。

_ 今、第八話が終わったところだが、物語は悲劇的な結末に向かって突き進んでいるようだ。どのように終わるのか気になる。


2001|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2006|01|02|04|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|06|07|08|09|10|12|
2010|01|02|03|05|06|07|
2011|01|02|03|04|05|
2013|02|07|
2015|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|