少数意見

最新 追記

2004-10-07 イチローの英語 [長年日記]

_ イチローが米国のメディアのインタヴューを受けているのを見ると英語の質問に直接日本語で答えている。それを通訳が英語に直している。英語の質問を聞いているイチローは十分理解している感じで答えも的確なので多分英語で回答する力もありそうだ。英語で答えたほうが米国の視聴者には受けがいいだろうがリスクもある。アメリカ人が喜ぶような話はどこかにユーモアを交えなくてはならず、それはとてもむずかしい。下手をすると相手を怒らすことにもなる。しばらくは今のままがいいだろう。

_ 相撲取りは外国人もみな通訳を使わずにインタヴューに答えている。それだけ日本にとけ込もうとする意欲が強いのだろう。もっとも相撲取りの話は大体紋切り型で面白くない。多少日本語が上手くなると外国人の相撲取りの方が面白いことを言う。


2004-10-14 判決言い渡し日 [長年日記]

_ 例の「武蔵」の訴訟の判決言い渡し日が決った。なんと12月24日、クリスマス・イヴだ。

_ 裁判長があの青色発光ダイオードの200億円判決の人なので、この日も何らかの意味があるのではないか、と考えてしまう。クリスマスプレゼントということであれば結構で、25日のスポーツ新聞の見出しもつけやすいだろう。悪く考えるとブルー・クリスマスという歌もあったので、クリスマスはハッピーなだけではない。

_ まあ、判決というのは一方にとってはハッピーで他方にとってはブルーなものだから、クリスマス・イヴがどちらかにとって有利という理由はないのだけれど。


2004-10-23 スウィングガールズ [長年日記]

_ 「ウォーターボーイズ」が嫌いだったので、矢口監督作品は観るつもりはなかったのだが、評判が良かったので観てしまった。やはり好きになれなかった。

_ 何がいやかというと、ストーリーもギャグもみなわざとらしいのだ。はじめから笑わせようとか泣かせようとかの意図が見えていてしらける。監督自ら脚本を書いているが、独り善がりだと思う。たとえば次の話はおかしい。以下ネタバレ。

_ 鈴木友子たちのバンドは県の高校生対象の演奏コンクールに出場しようとビデオを添えて応募することになった。それを託された友子は、ビデオを郵送するのを忘れ、思い出した時は既に遅く先着順で出場校は決ってしまっていた。友子がそれを言い出せないでいる間、仲間はユニフォームを作り盛り上がっている。友子がその事実を打ち明けたのは会場へ向かう列車の中だった。

_ こんな話はないと思う。このような重大な事柄を隠しておくにはそれなりの理由が必要だ。単に気が弱いとかでは説明がつかない。友子は気が弱いどころか勝気で物怖じしない娘として性格設定されている。さらにバンドの仲間の誰も演奏会の主催者から返事が来たかを確認しないのもへんだ。

_ 結局この事件は、1校が雪のため来られず出場を断念し、その代わりに友子たちのバンドが出られることになり、めでたしめでたしの結末となった。この解決法もあまりにも安易だ。安手のテレビドラマのようである。

_ 黒澤明の名作のように何人かの脚本家が共同で執筆し、互いに相手を言い負かせてやろうという意気込みで取り組めばこのような欠点はなくなる。矢口監督は「アドレナリンドライブ」(99)の脚本・監督をやっており、この作品は好きなので、なぜあのような自然な話を作れないのかと思ってしまう。興行的に成功しなければという思いが、レベルの低い観客に合わせた作品を作らせてしまうのだろうか。


2001|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2006|01|02|04|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|06|07|08|09|10|12|
2010|01|02|03|05|06|07|
2011|01|02|03|04|05|
2013|02|07|
2015|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|