少数意見

最新 追記

2003-04-03 野茂英雄 [長年日記]

_ 野茂に関心を持ったのは、彼がメジャーに挑戦することを宣言してからだった。そのときのマスコミの論調は、野茂は日本球界の裏切り者でワガママなだけだというものだった。メジャーのマウンドに立てるかどうかもあやしく、3Aがせいぜいではないか、と言われていた。メジャーと日本の野球は大人と子供ほど違うと思われていた時代だった。

_ 近鉄時代の野茂はほとんど見たことがなかったが、手に入れた安定した生活を捨てて、より高い目標にひとり挑戦するという日本人にあまりない生き方に興味を持った。

_ 1995年5月2日の初登板は朝4時30分からBS1で放送された。自分が投げているかのように緊張して見ていたのを覚えている。そのあと長く勝てない試合が続いたが、6月2日に勝ってからは7連勝してすごかった。あの頃の野茂のフォークは大リーガーにとっては魔球に見えたようで、誰も打てなかった。バリー・ボンズなど1割も打てなかった。8月5日に1安打ピッチングをしたときアメリカの解説者が「自分が見たどんなノーヒッターよりすごかった。この男はこれから何回もノーヒッターをやるだろう」と言っていた。

_ 3年目になると、打者も野茂のフォークを見切ることが出きるようになり、簡単に勝てなくなった。そして、球団を転々と移るようになり、日本人の関心もうすくなっていった。私もいいファンではなく、毎回録画していた試合も負ければ見なくなった。でも、3Aに落ちても、解雇されても、表情を変えずに投げ続ける野茂の姿は美しかった。

_ 2002年、出発点のドジャーズに帰ってきた野茂を私も新たな期待をもって見ていた。最初のうちは勝てる試合を打線の援護がなく落とし続けた。その間石井が勝ち星を重ね、野茂の時代は終わったかのように見えた。しかし、そのとき野茂はすでに復活していたのだ。球速は落ちて三振は取れなくなったが、後半戦野茂は勝ち続けた。そこには昔の力まかせに打者を切って捨てる勇姿はなかったが、より深い味わいが出てきた。インタビューでは相変わらず無愛想で訥弁だが、彼の投げる姿は雄弁だ。

_ 今年の開幕試合、あのランディー・ジョンソンとの対決に完封で勝った。今年はワールドシリーズで投げる野茂を見ることが出きるだろうか。


2003-04-05 新型肺炎SARS [長年日記]

_ これは細菌兵器ではないか?

_ 4パーセントの死亡率というのは兵器としては弱いが、まさに今起きているような混乱を引き起こすには十分だ。死亡率の高い細菌は、媒体となる人間が病気を広げる前に死んでしまうため広範囲な流行にはなりにくい。その点SARSは感染力が強く空気感染もするようで兵器として使える。

_ たとえば今包囲されているバグダッドでSARSが兵器として使われたとしよう。500万人の4パーセントだから全員が感染すれば最大20万人が死ぬことになる。そんな状態になる前に住民は町を脱出するだろうし、軍隊もそれを止めるどころではなく我先に逃げ出すだろう。米英軍は市街戦をすることなく、バグダッドを占領することができる。

_ 今世界中にSARSが広がっているとき、バグダッドで患者が出ても誰も不思議には思わないだろう。そこまで考えて中国で菌を撒いた工作員がいたとしたら。ありえない話だと言うかもしれないが、日本での本土決戦を避けるために原爆を落としたのはアメリカだということを忘れてはいけない。

_ 今回はそんなことをしなくても少ない損害で米英軍は勝利することが出きるだろうが、将来この種の細菌兵器が実戦で使われることはあるだろう。兵器であったことさえ悟られることなく。


2003-04-22 麻原彰晃 [長年日記]

_ 「レッド・ドラゴン」(2月10日)に対する反論をいただいたので、それに対する再反論ということではなく、多少補足したい。なお、個別にメールはしないので悪しからず。

_ さて、その反論というのは要約すれば、麻原のような死刑をまぬがれるために必死になっているような輩は、殺人者としてもダラハイドやハンニバル以下ではないか、というものだ。

_ たしかに、世間の評価は、麻原は誇りもプライドもなく、信じて従った弟子たちに対しても思いやりを示さない卑劣な男というところだろう。狂人の演技も死刑を免れようとする悪あがきだとする。

_ しかし、体制に対するアンチテーゼと考えると、狂気は有効な手段かもしれない。法廷は体制側の舞台であり、そこでの発言はすでに体制を是認してなされたとみなされ、いかなる意思表示も体制に取り込まれてしまう。麻原の狂気は体制を無視し、拘束されている自らの立場をも否定する。体制は麻原を死刑にすることはできるが、それは肉体を滅ぼすのみで、精神は無傷で残る。

_ 麻原が逮捕された後しばらくたって、週刊誌に土谷ノートというものが取り上げられた。それはサリン生成の責任者だった土谷正美が麻原の話を書き取ったとされる予言だった。正確には憶えていないが、麻原は自分が逮捕されることを予想していた。その前後に世界は細菌化学兵器が使われる戦争に突入し、理由は忘れたが麻原は解放され、世界の人口が10分の1になるような惨状のなかで彼は自らの王国を完成させる。

_ SARSが細菌兵器だという噂があるが、麻原の予言が気になる。


2001|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2006|01|02|04|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|06|07|08|09|10|12|
2010|01|02|03|05|06|07|
2011|01|02|03|04|05|
2013|02|07|
2015|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|