少数意見

«前の日(01-03) 最新 次の日(01-05)» 追記

2002-01-04 幸福の代償

_ 21世紀最初の年に我々は多くの人々が究極の悪と考える二つの犯罪をみた。ひとつは9月11日のWTCに対するテロであり、もうひとつは大阪教育大学付属池田小学校の児童殺傷事件である。いずれの場合にも犠牲者に非はなく、犯罪は加害者の一方的意志により行われた。しかし、加害者に動機がないわけではなく、前者においてはWTCが米国の繁栄の象徴であり、後者においては付属池田小学校がエリート養成校と考えられていたことが標的になった理由なのだろう。

_ WTCで働いていた人々は貧しい労働者も多く、必ずしもイスラム原理主義者に恨まれるような階級ではなかった。しかし、大きな歴史の流れの中では、あの場所は世界の貧者の憎悪が向けられる所だったのだろう。

_ 付属池田小学校の児童も必ずしも富裕階級の出ではなかったろうし、そこにいることで将来が約束されていた訳でもなかった。しかし、人生の敗者であると思い込んでいた宅間守は自分には失われた可能性・夢を持つ児童に殺意を抱いたのだろう。

_ 国際的なダイナミックスの中で発生したテロと宅間守という特異な個人が引き起こした犯罪は、マクロ及びミクロのいずれの局面においても今世紀が困難なものになることを予感させる。競争心があり、その結果常に不満を持つことが他の動物と人類を区別するひとつの特徴であるという人がいるが(さらに言えば、人類の種の中でもクロマニヨン人のほうがネアンデルタール人より攻撃性が強かったので勝ち残ったという)、これまではそのエネルギーが文明の発展に寄与してきたようにみえる。

_ 国家間の争いにおいても、また個人の間においても、これまで敵は明瞭で、弁証法的な歴史の展開により、専制的、階級的な社会からより民主的で平等な社会に発展してきたと言える。しかし、今日の社会は複雑である。アメリカを批判することは簡単だが、アメリカは従来の帝国主義国家と同列に論じられないし、ナチスドイツやソ連が勝者であった場合と比べてみれば我々はより良い世界に生きていると思う。日本においても、新しい階級が生まれつつあると言う人はいるが、一昔前のように働かないで食っていける階級はない。

_ このような敵が誰か分からない社会では、不満は幸福そうな人々に向けられる。幸不幸は相対的なものであるから、幸福な人々はその存在自体が不幸な人々を作り出している。人間はみな平等であるという理念と、マスメディアの発達によって誰の目にも明らかになった幸不幸の格差はこの敵意を増幅させる。

_ 生物のある種を他の種に優越させている遺伝子が環境に適合しなくなれば、その優越的な立場は失われ、衰退していく。人類をこれまで勝利に導いてきた競争心(攻撃性)を規定する遺伝子が人類という種にとり有害になりつつあるのかもしれない。


2003-01-04 忠臣蔵

_ 2日のテレビ東京10時間ドラマ「忠臣蔵~決断の時」をみて、9・11のテロと似ていると思った。

_ 類似点を挙げて見よう。いずれも多人数かつ組織的で、時間をかけて周到に準備された決死の行動だ。動機については、忠臣蔵は主君の無念を晴らすということで、9・11は(多分)イスラムの西欧に対する積年の恨みを晴らすことで、似ている。効果についても、その結果なにかを得ようという意図は希薄で(忠臣蔵においては、浅野家の再興はなく、吉良家が滅亡するわけでもない。9・11も、あれで米国が滅びるわけではなく、打撃は象徴的なものだ)、行為自体が目的である純粋行動のようにみえる。大衆の反応はといえば、いずれも事件の直後から賞賛され(9・11はイスラム圏において)、行為者もそのような反応を予想し、もしくは、そのような期待に応えるべく行動したようにみえる。

_ 似ているからどうだというわけではないが、9・11が理解しやすくなるかもしれない。

_ もっとも、私は忠臣蔵は好きになれない。忠臣蔵をルーツにもつといわれるヤクザ映画は好きだが、両者には根本的な違いがあると思う。忠臣蔵は集団の行動を描く。集団への帰属が大きなテーマとなる。ヤクザ映画は集団と個人の葛藤を描く。個人の価値観が集団のそれと異なれば個人は集団に逆らうことがあるし、一致する場合にも行動は集団の力を頼らない。昭和残侠伝の高倉健は、はやる組員をなだめて一人で殴り込みをかける。そこで行き会う池部良も、高倉とは違った動機で行動を共にする。

_ 正月にまとめて観ようと思って借りてきたビデオの中に「ブリジット・ジョーンズの日記」があった。面白い映画だったが、日本人は cruel race だというセリフにひっかかった。ある男が日本人の女に裏切られたという話だが、別に日本人にこだわる場面ではなかった。映画自体も他に人種を揶揄するような場面はなかった。唐突だったので不思議に思った。

_ 忠臣蔵を観てからもう一度あの cruel race という言葉を思い出すと意外と抵抗がなかった。正月に10時間の殺戮劇を観る人種は変なのかもしれない。


2010-01-04 100年予測

_ ジョージ・フリードマン著、早川書房。

_ 地政学に基づき2050年の日米戦争を予測する本。

_ 地政学のみで未来の世界史を予測するのは危ういが、切れ味のよい論理には興奮した。

_ フリードマンによれば、歴史が繰り返すことは地政学で証明される。2050年の日米戦争は1941年の太平洋戦争の再現ということになる。

_ 昨日のテレビで見た「ETV特集選 日本と朝鮮半島2000年」はその説を裏付けているように思えた。第7回「東シナ海の光と影・倭寇の実像を探る」と第8回「豊臣秀吉の朝鮮侵略」を続けて見たが、知らないことが多かった。

_ 倭寇については、海賊であることぐらいしか知らなかったが、500艘の船に1600頭の馬を乗せ南朝鮮の内陸深く攻め込んでいったそうだ。海賊というより軍隊だ。

_ 秀吉についても、その朝鮮侵略が世界史を変えるほどの大事件だとは知らなかった。

_ この二つの侵略に加えて日韓併合があったので、侵略は少なくとも3回繰り返されたのだ。地政学からしても、日本が海外に侵出する場合には朝鮮半島がその経路になることは素人にも明白だ。朝鮮半島の人々が4回目の侵略を恐れるのは当然だ。

_ 日本はここ60年ぐらい大人しくしているが、歴史から見れば好戦的な国だ。自虐的史観ということでなく、日本人は自分の先祖がこれまで世界に対して何をしてきたかをもっと知るべきだろう。そうしないと日本の未来は見えてこない。


2017-01-04 ゴッドファーザー

_ NHKのBSプレミアムで録画したゴッドファーザー3部作を一挙に観た。

_ シチリアから一人で移民として米国にやってきたヴィトー・コルレオーネはオリーブオイルの輸入から始めて暴力を使ってのし上がっていく。やがてゴッドファーザーと呼ばれるようになり、一族はニューヨークのイタリア人社会でにらみを利かすようになる。やがて二代目ゴッドファーザー、マイケルの時代になり、彼はNYでは飽き足らなくなりラスベガスでカジノを経営するようになる。

_ ここでこの一族は誰かと似ていると気づいた。そう、トランプ一族だ。トランプは父親がドイツからの移民でNYで不動産業を成功させる。二代目ドナルドは業務を拡大しラスベガスなどでカジノを経営するようになる。

_ イタリアのマフィアはファミリービジネスとのことで家族や親戚で要職は固められる。トランプも彼の事業の要職は親族が占めているようだ。

_ イタリアのマフィアは兄弟でも殺しあうことがあるが、普段は仲が良く、特に子供は溺愛する。

_ マイケルは敵のマフィアを殺したあと、身を隠すためにシチリアのコルレオーネ村に滞在する。彼はイタリア語も流ちょうに話す。彼が子供を大切に思うにのは一つにはほかに信じられるものがないからではないか。

_ 移民にとって移住先は仮の世界であって永続する保証はない。自分は異端であって常に排斥される可能性がある。そのとき頼りになるのは親や子供しかいない。

_ もしトランプもファミリービズネスの追求が主目的であり、究極に守るべきは自分の子供だとしたら、アメリカを再び偉大にするというのも彼の真意ではなく、ファミリービジネスに支障がない限りそうすると言っているにすぎないことになる。


2001|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2006|01|02|04|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|06|07|08|09|10|12|
2010|01|02|03|05|06|07|
2011|01|02|03|04|05|
2013|02|07|
2015|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|