少数意見

«前の日記(2001-11-30) 最新 次の日記(2001-12-07)» 編集

2001-12-03 ハリー・ポッター

_ 今年劇場で見た映画のワースト。

_ 初日新宿ミラノ座で4:30分の回。40分ほど並んで入ったが最後まで前の2列は空いていた。

_ 原作を途中まで読んでいたので(最近我慢がなくなったので途中で投げ出すケースが多い)、映画は原作に忠実に作っていると思った。しかし、あまりのテンポの遅さに睡魔に襲われるが、これから面白くなると信じて見つづける。一向に面白くならないが、これは私が「千と千尋」に肩入れしていてライバル視されている作品に過度に批判的になっているのではないかと思い、無心に見ようと努める。ますますつまらなくなり、時計を見る。まだ1時間もある。隣の人がため息をつき、子供が退屈して歩き回る。これほどENDマークがうれしかった映画は久しぶりだ。

_ なにが悪かったかというと、まず物語をそのまま映画にすればいいと錯覚していたこと。それでいい映画が出来るのであれば、シナリオライターも監督もいらない。2時間30分あまりの作品だが、1時間縮めれば多少よくなるかも。

_ 原作についても言えるが、エリート意識が鼻持ちならない。魔法使いは普通の人間(モグル)より優れていて、その魔法使いのエリートを教育する学校(英国のパブリックスクールのようなもの?)の話で、ハリーはその中でも血統正しい超エリートだ。善と悪が完全に色分けされていて、善が圧勝する。悪はなぜ悪なのか説明されず、成敗されるだけの存在として描かれている。今のご時世によく合っているとも言える。英米でヒットするのはその意味では分かる。


«前の日記(2001-11-30) 最新 次の日記(2001-12-07)» 編集
2001|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2006|01|02|04|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|06|07|08|09|10|12|
2010|01|02|03|05|06|07|
2011|01|02|03|04|05|
2013|02|07|
2015|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|
2019|01|02|03|04|05|06|09|12|
2020|01|06|10|11|12|
2021|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|
2023|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2024|01|02|