少数意見

«前の日記(2002-03-27) 最新 次の日記(2002-04-08)» 編集

2002-04-02 黒い家

_ 大竹しのぶが熱演しているホラー。ネタバレあり。

_ 最初に目を奪われるのは大竹の夫の異常な動きだ。頭を絶えず上下に動かし、自分の身体をコントロールできないため洗車の際自分にホースで水をかけてしまう。神経症的な動きだが、森田監督はこの動きで精神の異常を表現しようとしているようだ。

_ この映画には異常な動きをする人間が他にも出てくる。主人公若槻の大学の助教授金石(犯罪心理学専門)はやたらと身体をくねらす。金石の遺体を見せるために若槻を案内する警察の人は右半身が不自由なようだった。

_ 若槻自身水を叩きつけるようなクロールで周囲に迷惑をかける。若槻の部屋のプリンターに「みずしぶき、たてすぎ」という文章が打ち出されるのは(誰からのメッセージか不明)森田監督が若槻の泳法に特別な意味を与えていたことを示している。

_ この中で大竹しのぶは目つきがおかしいほかはいたって正常だ。何回かボーリング場のシーンが出てくるが、彼女はきれいなフォームでストライクを連発する。彼女は身体を完全にコントロールしている人間として描かれる。しかし、彼女が大量殺人の犯人なのだ。

_ 森田監督はなにを言いたかったのでであろうか。うがった見方だが、森田監督には大竹の視点、すなわち正常な身体の人間が病的な身体の人間に対して感じる嫌悪感、に共鳴するところがあったのではないか。ナチスが犯罪者や精神異常者を抹殺したのは有名な話で、今の世の中でそれを支持する人はいないが、人の心理の奥底にはそれを是認するなにかがあるのではないか。あなたは電車の中で変な動きをする人がいた場合、その人から遠ざかろうとするのではないか。このように考えると、この映画は我々の中に潜むホラーに光を当てることをもくろんでいるように思える。


«前の日記(2002-03-27) 最新 次の日記(2002-04-08)» 編集
2001|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2006|01|02|04|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|06|07|08|09|10|12|
2010|01|02|03|05|06|07|
2011|01|02|03|04|05|
2013|02|07|
2015|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|
2019|01|02|03|04|05|06|09|12|
2020|01|06|10|11|12|
2021|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|