少数意見

«前の日記(2004-05-24) 最新 次の日記(2004-06-09)» 編集

2004-06-05 佐世保少女のマンガ的殺人

_ マンガ的というのは勿論悪い意味ではない。マンガは日本の誇る文化である。

_ さて、マンガは元々少年少女を対象として発達し、少年少女を主人公とする作品がたくさん作られた。純粋な少年少女が特別な能力を与えられて活躍するストーリーが多いが、やがて若さと純粋性が力を獲得する必要条件とされてくる。たとえば「新世紀エヴァンゲリオン」では選ばれた少年少女だけがエヴァを動かすことが出来る。彼らは人類の次を託された存在として描かれる。ニーチェの超人のように。

_ license to kill は007の特権だが、これは多分超人にも当てはまる。人間を超えた存在なら、人間の作った掟に縛られることはない。人間が動物を殺せるように、超人は人間を殺せるだろう。

_ 少年少女は、そう10才から15才ぐらいの間に、自分が天才ではないかと感じることがある。彼らの多くは後にそれが錯覚であったことに気づくが、少数の強烈な意志を持った者はそれを確かめる行動に出る。芸術を成すという方法もあるが、人を殺すというのもひとつの選択肢としてある。自由に人を殺せるなら、自分は人間界に属さない人間を超越した存在だ、という理屈である。

_ 佐世保の少女は多分、怒りや恨みのような人間的な感情とは関係なく、選ばれた者の存在証明を得るために殺したのではないか。

_ マンガ文化の先進国である日本にはこの少女の予備軍が大勢いるのではないか。酒鬼薔薇聖斗はその先駆けで、これからもそれに続く者が出てくるだろう。その中に本当の超人がいるのか、我々俗人には知る術もない。


«前の日記(2004-05-24) 最新 次の日記(2004-06-09)» 編集
2001|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2006|01|02|04|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|06|07|08|09|10|12|
2010|01|02|03|05|06|07|
2011|01|02|03|04|05|
2013|02|07|
2015|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|
2019|01|02|03|04|05|06|09|12|
2020|01|06|10|11|12|
2021|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|