少数意見

«前の日記(2005-08-06) 最新 次の日記(2005-08-22)» 編集

2005-08-08 小泉純一郎の「純」について

_ 郵政法案採決の前に考えてみよう。

_ 「純」という字は女の子の名前としては悪くないが、男の場合には問題がある。単純とか純粋とか、生まれてきたままのイメージがあり、力強さ、たくましさがない。それがいやな場合、強さと連繋する必要があるが、清濁併せ呑むような強さと組むと自らのアイデンティティーを失う。組める相手は純粋な強さに限られ、妥協を許さない原理主義になりがちである。

_ 硬派の「純」は、一点のくもりも許さない頑なな生き方に固執する。そのような生き方は当然矛盾に満ちた外界との摩擦を生じ、譲歩をしないことにより他人を傷つけることもある。しかし、「純」は妥協を許さない。一回でも妥協すれば「純」ではなくなってしまうから。

_ 私も、人生の岐路で、何回か何故こんなに妥協できないのだろうと思った。そんなとき、「純」の呪縛を感じた。


«前の日記(2005-08-06) 最新 次の日記(2005-08-22)» 編集
2001|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2006|01|02|04|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|06|07|08|09|10|12|
2010|01|02|03|05|06|07|
2011|01|02|03|04|05|
2013|02|07|
2015|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|
2019|01|02|03|04|05|06|09|12|
2020|01|06|10|11|12|
2021|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|