少数意見

最新 次の日記(2015-07-16)» 編集

2015-07-13 ラブ&ピース

_ ネタばれあり。

_ 園子温監督作品。園作品を観るのは8本目で、これまで一番好きだったのは「愛のむきだし」。

_ この作品は、監督が25年前に書いた脚本に基づいているとのことで、元はバブル時代を背景にしていたそうである。それを東京オリンピックを5年後に控えた現在に移している。時代は一巡りしたのかもしれない。

_ ロックシンガーを志していたが挫折したさえないサラリーマン(長谷川博己)がデパートの屋上で買ったミドリガメに夢を語る。カメは長谷川の欲望が膨らむに応じて巨大化していく。それと並行して捨てられた人形やおもちゃが住む地底の世界が描かれる。そこの主が西田敏行扮する老人だ。

_ 人形はしゃべり、巨大怪獣と化したカメはビルをなぎ倒すが、いずれも動きがぎこちない。昔の特撮のストップ・モーションでかなり粗い。監督は意図的にこのようにしたようである。

_ 思うに、我々はCGに慣れ、古代の生物が動き回る世界にも驚かなくなっている。しかし、虚構が現実を模して現実と見まがうばかりになっても、現実が退屈であれば退屈は虚構世界を汚染してく。

_ この作品の不自然な動きをする人形やカメは、その世界が作り物であることを自ら示している。作り物だから現実世界との連絡通路はなく、現実を覆う退屈がその世界に浸透していくことはない。夢の世界は現実から隔絶してこそ、その完全性、純粋性を保つ。園監督は夢(たぶん少年時代の自身の夢)を大切にするから、あのような技法を使ったのだろう。


最新 次の日記(2015-07-16)» 編集
2001|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2006|01|02|04|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|06|07|08|09|10|12|
2010|01|02|03|05|06|07|
2011|01|02|03|04|05|
2013|02|07|
2015|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|
2019|01|02|03|04|05|06|09|12|
2020|01|06|10|11|12|
2021|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|