少数意見

«前の日記(2004-06-19) 最新 次の日記(2004-07-05)» 編集

2004-06-26 レクイエム 後編

_ 25年後

_ サヤはアメリカ人ジャーナリストと結婚しアメリカ国籍を得た。そして自らもジャーナリストとして活躍しピュリッツァー賞を受賞した。それから程なく下馬評にも挙がっていなかったナオがノーベル文学賞を受賞した。

_ 2029年6月1日

_ サヤとナオはボストンの海の見えるレストランで食事をしていた。毎年6月1日に一緒に食事をするのが約束だった。どうしても都合がつかないときでも、その日には電話で話すかメールをするようにしていた。二人はずっと仲の良い友達だった。

_ 二人は黙って海を見ていた。色々話したいことはあったが、いつものように気楽に会話が弾まなかった。

_ 「願いがかなっちゃたネ」サヤがつぶやいた。

_ 「うそみたい・・・サヤのは当然だと思うけど・・・私は変だな」

_ 「そんなことないよ。みんながナオの実力を認めているわよ」

_ 「でも、早すぎるよ」

_ 「悪魔は来るのかな・・・」

_ 沈黙

_ 「夢だよ、あれは。二人で一緒の幻覚を見ていたんだ」とナオ

_ 「でも、もし本当だったら」

_ 「どっちかが死ぬんだ」

_ 「どっちかが殺すんだよ」

_ 「ごめんね、あんな約束をして・・・」

_ 「あのときは他に方法はなかったから仕方ないよ」

_ 沈黙

_ 「死ぬ方と殺す方、どっちがいい?」とサヤ

_ 「死ぬ方」

_ 「私も」

_ サヤはハーバード大学で夏季講座を持っていた。ナオはノーベル賞の受賞記念講演のためにボストンを訪れていた。

_ 「ナオが残る」とサヤが言った。「ナオは小説家なんだから私のことを書いてくれるでしょう。みんなが私のことを忘れないように」

_ 「いやだよ。あなたを殺して生きていくなんて無理。一緒に死ぬ」

_ 「うれしいけど、ナオが生き残るべきよ。生きてもっと素晴らしい作品を残して」

_ 急に日が翳り、あたりが暗くなった。

_ 2004年6月1日 12:25

_ そこは学習ルームだった。カーテンの隙間からさし込む光が金色の帯になった。ナオの手の中のカッターナイフがキラリと光った。


«前の日記(2004-06-19) 最新 次の日記(2004-07-05)» 編集
2001|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2006|01|02|04|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|06|07|08|09|10|12|
2010|01|02|03|05|06|07|
2011|01|02|03|04|05|
2013|02|07|
2015|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|
2019|01|02|03|04|05|06|09|12|
2020|01|06|10|11|12|
2021|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|