少数意見

«前の日記(2005-08-22) 最新 次の日記(2005-09-14)» 編集

2005-09-05 NANA [長年日記]

_ 矢沢あいの同名の漫画の映画化。同じ名前で同年齢の女の子の友情物語。というと「下妻物語」を思い浮かべるが、両作品は、外観は似ていても内容はかなり違っている。

_ 「下妻物語」は、はじめて観たときと、2回目は印象が違っていたし、その後観るたびに新しい発見があり感動があった。とても深い作品なのだ。

_ 「NANA」は通俗的な映画である。ストーリーはよくある話で、人物描写も類型的だ。では「世界の中心で、愛をさけぶ」のように観客は動員するがすぐ忘れられる(必ずそうなる)ような平凡な作品かというと、そうではない。通俗には洗練された通俗とそうでないものがある。同様なストーリー、似たキャスティングでも、何百本に一本は大傑作が生まれるヤクザ映画のように、通俗はあなどれない。

_ 私は、この映画で何回も泣いてしまった。その感動は、「下妻物語」のように、異次元の世界(桃子の世界)に惹き込まれるめくるめくものではなく、慣れ親しんだ世界のありふれた出来事が心地よく自分の中の通俗性と共鳴するのだ。でも、通俗をこれだけ美しく描けるというのは並大抵のことではない。原作の力と監督の技量が合致し傑作が生まれたのだろう。それから、ナナ役の中島美嘉がいい。彼女が出ている「偶然にも最悪な少年」も観たが(これも面白かった)、演技というより地なのだろう。宮崎あおい(奈々役)のように高い演技力をもった人ではないかもしれないが、作品全体を自分の色に染めてしまえるような力がある。

_ 唯一の欠陥は、松田龍平だ。かれはナナを魅了する男なのだから、美しくなければならない。しかし、どうしたことだろう、松田龍平には「御法度」でデビューした頃の美は微塵も感じられない。病気でもあるように、身体はたるんで顔はむくんでいる。

_ 原作者の矢沢あいが映画のパンフレットの中で「個人的には、漫画を読んだことのない人に、感想を聞いてみたいですね」と言っていたが、私は漫画を読んだことがないが、映画をとても楽しく観て感動した。多分、漫画と同じ場面、セリフなんだろうと思うところが、琴線に触れた。


«前の日記(2005-08-22) 最新 次の日記(2005-09-14)» 編集
2001|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2006|01|02|04|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|06|07|08|09|10|12|
2010|01|02|03|05|06|07|
2011|01|02|03|04|05|
2013|02|07|
2015|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|